ウォーターサーバーの選び方とお勧めメーカー

だいたいウォーターサーバーを契約後にボトルを注文する時には、一人暮らしの女性であっても1か月に対して注文ノルマが課せられていることが多いため、ノルマが必要ないか少ないメーカーを導入することをお勧めします。

 

統計によると女性の一人暮らしの家庭での1か月の水の平均消費量は、15リットル前後となっています。しかし、現実的には月24リットルのノルマを課しているメーカーが多いそうです。

 

また、ウォーターサーバーはいくら自宅に水を持ってきてくれるとしても、平均12リットルのボトルを使用しているメーカーが多いため、この重量だと持てることは持てるけれど女性にはきつい重量なので、重量の軽いウォーターボトルを使用しているメーカーを選ぶことも大切です。

 

ウォーターサーバーはモノによっては置き場所をとるため、できるだけ置き場所をとらないスリムな型のものを選ぶと良いです。

 

一人暮らしの女性ならば「クリクラミオ」が良いと思います。

富士山の天然水を使用しており、月額2300円から利用可能で、月のノルマもトップクラスに低く、最低注文本数が6週間で1本の8リットル程度となっているところが魅力的です。電気代は月700円程度、コスパは1日約77円となっているので使い勝手が良いと思います。

 

ただデザインの種類がないので、デザインを重要視するならば、デザイン性のある見た目の「フレシャスデュオ」を選んだほうがいいです。

どちらのメーカーもサーバーレンタル料金は無料になっています。フレシャスデュオなら配送料やメンテナンス料も無料です。

ひとり暮らしの部屋を美しくキープするのに役立つ便利グッズとは?

新しい家で心地よく暮らす空間をキープするには、簡単にお掃除できる便利グッズを揃えておくと良いでしょう。

 

ほこりや汚れを除去する時に役立つのが、ハンディワイパーです。

シート部分が使い捨てになっていて、汚れたら付け替えるだけで、いつでも清潔に掃除ができます。花王のクイックルワイパーや、ユニ・チャームのウェーブハンディワイパーは、スーパーやドラッグストアといった身近なお店で購入できることができて、おすすめです。ケース付きの商品を購入すると、部屋の隅に置いておき、隙間時間を活用して快適にお掃除ができますよ。

 

シンプルで高機能な生活用品が揃う人気のお店が、無印良品です。掃除用品では、シート取り替え式のフローリングモップや、コロコロと床面を転がすだけで掃除がでるカーペットクリーナーなど、手軽なグッズが充実しています。一人暮らしの部屋でも収納場所に困らない、コンパクトサイズのグッズが多いので、上手に取り入れて美しい空間を保ちましょう。

 

掃除用品に限らず、生活をより豊かなものにしてくれる幅広い用品に出会えるのが、無印良品の魅力です。スチール製の折りたたみ式の室内用物干しは、洗濯の部屋干しが中心になりがちなひとり暮らしの生活を支えてくれる便利グッズです。使わない時には畳んで壁に立てかけておけば、すっきり収納できます。

 

ステンレスのランドリーバスケットやハンガーなど、錆びにくい素材で作られたスタイリッシュな印象の洗濯グッズを揃えると、日々の洗濯を快適にこなせますよ。

上手にネットスーパーやマシーンを使って時間を作ります

家事はダラダラやっていると時間がかかってしまいます。自分のための時間が欲しいのは言うまでもありません。そんな時に、自分の時間を作るために使いたいものが家事代行や食器洗浄機です。食器洗浄機があれば食器を手洗いする必要がなく、ガラスのコップなどは曇りがない綺麗な状態で洗い上がるので、見ていても気持ちがいいです。

 

食器乾燥機は必要ないと思います。洗った後、放っておけば自然乾燥することができるからです。電気代がかかってもいいのだったら乾燥も食器洗浄機で済ませてしまうこともできていいです。要はどれくらいお金をかけられるかです。

 

毎日の買い物は大変です。時間もかかりますし、重いものを抱えて帰ってくるだけでへとへとになってしまって、もう自分の趣味のことまで力が残らないような感じになってしまいます。

 

そんな時には、ネットスーパーを利用するのがいい方法です。パソコンで、必要なものをピックアップしてオーダーするだけで、最短3時間で玄関まで配達してくれるので、お買い物に行く時間を短縮することができます。

それに、トイレットペーパーやミネラルウォーターや牛乳など、重かったりかさばったりするものも配達してくれるので、抱えて帰ってくる労力も削ることができます。一種の家事代行と言えます。買い物は意外と時間と手間がかかるものです。配達料金324円を払えば買い物に行かなくても済むので、その分の時間を自分の時間として使うことができるのです。